お金を貸すこと、それは本人のためにはならない

良かれと思ってお金を貸しても、相手のためにならないことがあることを知りました。弟には、以前からずいぶんお金を貸していました。私は人から、お金を貸すことは本人のためにならないと言われていたのです。

弟は仕事を辞めてから、「うつ病」になり、借金を返済することもできないため、結局また肩代りすることになってしまいました。その後、家族と別居して実家に戻ってきましたが、無職にもかかわらず相変わらずカード利用は続いていました。さすがにこの時は、知り合いの弁護士事務所に弟を連れて行ったのです。過払い金請求のデメリット ~ お金が借りられなくなるって本当?


そこで「債務整理」を依頼したのですが、驚愕の事実を知りました。前回返済した消費者金融の借金は、一括返済しなければ過払い金を請求できたそうです。やはり借金返済に手を貸すことは、本人のためにはなりませんでした。

このページの先頭へ